頚肩腕症候群の症状と治療法、専門医や医療機関など頚肩腕症候群に関する情報を提供しているサイトです。
■頚肩腕症候群とは何でしょう?頚肩腕症候群についての症状や治療法などの情報を分かりやすく提供していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作業関連性筋骨格障害

世界的規模で多くの人々が苦しんでいる頸肩腕障害や腰痛などの中には、労働に由来して発症したり、労働に規定された生活が発生や悪化によって影響を受ける場合などが多数存在します。頸肩腕障害だけでなく高血圧や心筋梗塞などの虚血性疾患なども作業関連性疾患として知られています。ストレスの多い職場や深夜勤務のある職種などでこれらの疾患にかかる率が上昇している事実があるからです。

この前の記事でも述べましたが頚肩腕症候群は職業病的な要素(パソコンなどの長時間の使用)によっても誘発されると言われており、業務上疾病のひとつとして確立された疾患です。ですから現在では頸肩腕障害や腰痛のような疾患は作業関連性疾患として捕らえる事が世界の常識となりつつあります。日本では今のところ職業性頸肩腕障害、作業関連性筋骨格系障害、上肢障害、頚肩腕症候群などと呼ばれています。コンピュータが仕事だけでなく生活の中にも浸透している現代の状況が浮き彫りとなっています。
スポンサーサイト

頚肩腕症候群の原因

肩凝り,肩こり,痺れ,痛み頚肩腕症候群の原因としては様々な説が挙げられていますが代表的なものとしては頚椎(首の骨)の関節の問題(例えば椎間関節や椎間板の異常)や鎖骨周辺の神経・血管の障害、首や肩の筋肉疲労、精神的ストレス、内臓疾患などが挙げられます。

頚肩腕症候群は一日中座って作業をするような労働やストレスを原因とする場合が多いと言われています。特にパソコンに向かって長時間キーボードやマウスを操作したりする仕事の人に多くみられます。同じ姿勢を長時間にわたってとり続ける仕事は特定の筋肉を疲労させるので高リスクとなります。またパソコンやゲームの普及によって若年層でも多く見られ、男性より女性のほうがかかりやすいとされています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。